外壁塗装コラム

2019-08-13 18:56:00

一戸建てを建てたのち、壁の塗り替えは10年ごとに必要だとよく言われます。実際はどうなのでしょうか。

家のメンテナンスで、外壁塗装はいちばんお金のかかるものの一つです。外壁はつねに風雨にされられているため、家を長持ちさせるには、ある程度の期間で塗り直しをするのが一番いいと考えられます。10年で必ず必要かといえば、家ごとで違うと思いますが、表面の腐食やカビの浸食だけではなく、コーキングと呼ばれる部分の劣化が一番問題です。外壁の種類はいろいろありますが、サイディングで囲まれた家でも、モルタル仕上げの家でも、壁のボードとボードの継ぎ目部分はコーキングでふさぐのが一般的です。コーキングは壁材とは違い、ゴム状のもので埋められています。紫外線が当たると壁材よりはずっと早く劣化していきます。コーキング自体が痩せたりひび割れたりしますが、これはボードの継ぎ目を埋めるものなので、これが劣化すると屋内にカビが生えたり、雨漏りの原因になったりします。コーキングの打ち直しは一戸建てなら足場を組む必要があるので、この時に同時に壁の塗り替えも行うと予算的にも節約になります。壁の塗り替えでいちばん高額なのが足場だからです。また、コーキングが完全に劣化する前に塗り替えをしておくと、コーキング自体が長持ちしますので、結果コーキングの打ち直しをする必要がなくなるということもあります。コーキングの劣化状態に合わせて、壁の塗り替えをするのがおすすめです。