外壁塗装コラム

2019-08-15 16:20:00

壁の塗り替えの時期が近づいてきた時に、丁度タイミングよく外壁塗装業者が連絡をしてきた時には少し警戒をする必要があります。

元々お世話になっている業者でしたら、塗り替えの時期を知らせる為に連絡をくれたと考えられますのでこれに関しては、特に問題はありません。

問題となるのは、突然見知らぬ業者が家を訪ねてきて塗り替えを迫る場合です。

悪徳業者というのは訪問販売をしてきて、検討をする間もなく契約を迫ってくることがあるので注意が必要です。

良い外壁塗装業者が必ずしも訪問販売をしないというわけではありませんが、悪徳業者の多くは訪問販売で契約を迫ろうとしてくることがあるので気をつける必要があるのです。

悪徳業者は訪問販売をしてくるだけでなく、他と比較をして以上に安い金額で外壁塗装をできると説明をしてくるというものもあります。

外壁塗装の費用というのは理由がありますから、相場も決まっているものです。

その相場から、あまりにも安い費用を提示してくるということは考えられるケースはふたつで、後から追加で費用を請求してくるかあるいは手抜きをするかのどちらかしかありません。

価格競争をするにしても限度がありますから、他と比較をして図抜けて安いということは何か裏があるということで、悪徳業者であるという可能性が非常に高いのです。

そのため、悪徳業者を見抜くためにはしっかりと他の業者の見積もりもとって、金額の比較をすることが大切です。