外壁塗装コラム

2019-09-10 13:14:00

外壁塗装や屋根塗装の相場費用は?

家はメンテナンスをしっかりと行なわなければ、維持させることができません。
メンテナンス方法にも様々な種類がありますが、特に外壁塗装屋根塗装は、家を長く保つのにとても重要です。外壁塗装や屋根塗装をすることで、外観の美しさが保たれたり、家の老朽化を防ぎ、保護することができるのです。
しかしこれらはかなりの料金がかかってくるイメージを持っている人も多いかと思います。
外壁塗装や屋根塗装の相場費用や具体的な料金、内訳などがどのようになっているのか知りたいところ。
今回は外装塗装や屋根塗装の相場費用内訳料金について紹介していきます。

外壁塗装の相場費用

まずは外壁塗装の相場費用について紹介していきます。
外壁塗装はどこからどこまで行うのか?どのくらいの面積を塗装するのかによって料金が変わってきます。
一般的な2階建ての家の場合、屋根塗装を含まない場合であれば約100万円ほどの料金が発生してきます。しかしこれはあくまでも相場費用ですのでご安心ください。
外装の劣化、面積、使用する塗料の種類などによっても料金が変動してくるので、大体このくらいかかるのかというような参考程度にしていただければと思います。

屋根塗装の相場費用

次は屋根塗装の相場費用について紹介していきます。
屋根塗装の場合も塗装する面積や劣化具合、使用する塗料によって料金が変動してきます。
一般的な2階建ての家の場合、大体20坪~40坪ほどの屋根の大きさになり、その場合の相場費用は15万円ほどです。
外壁塗装と同じようにこちらあくまでも相場費用になりますので参考程度にしていただければと思います。

外壁塗装と屋根塗装の料金内訳

相場費用について紹介してきました。
大まかな相場が分かったら、次に具体的に何にどのくらいの料金がかかってくるのかを知りたいですよね。
外壁塗装や屋根塗装の料金の内訳はどのようになっているのでしょうか?

<外壁塗装や屋根塗装の料金の内訳>

  • 塗料代
  • その他材料費
  • 足場代
  • 洗浄代
  • 人材費
  • 交通費
  • 雑費

このような料金がかかってきます。

内訳から外壁塗装や屋根塗装の料金を予想することもできます。
外壁や屋根の面積×単価(内訳からの費用)を計算すれば料金を出すことができるので、気になる方はやってみると費用イメージが湧きやすいかと思います。

塗料の料金は種類によって大きく変わり、後に説明する耐用年数も大きく異なります。料金が大きければ大きいほど耐用年数が長くなりますので、結果的に長いスパンで見れば、数年ごとに外壁塗装や屋根塗装をする必要がなくなりお得になるかもしれません。
予算や希望に合わせて選んでみましょう。

外壁塗装や屋根塗装にお金をかけるべき?

外壁塗装や屋根塗装にこんなにお金をかけるべきなのだろうか…?と悩む方は多くいらっしゃるかと思います。何しろ金額が大きいのでそう思ってしまうのも不思議ではありません。
なぜこれらにお金をかけてする必要があるのかお話しします。

外壁塗装や屋根塗装に使用する塗料には、耐用年数という使用期限のようなものがあります。この耐用年数の期限が切れてしまう時期が、外壁塗装と屋根塗装を検討するべき時期となります。塗装された塗料の耐用年数が切れてしまうと、雨水が建物の中に入ってきたり、外壁や屋根にコケやカビ、藻などが発生して汚れ、建物の内部を劣化させます。そうすると家全体の耐久性が落ちてしまいます。このように、家は自然環境の影響をとても受けやすく、大切な家の外観や耐久性に重大な影響が出てしまいます。

家は適切な外壁塗装や屋根塗装を行ない、メンテナンスをしっかりと行なうことで耐久性がアップされ、自然のダメージから保護してくれる効果があるのです。外壁塗装や屋根塗装の家のメンテナンスはお金がかかることですが、大切な家を長く持たせるためにも必要なことだと言えます。

まずは見積もりを依頼しよう!

今回は外壁塗装や屋根塗装の相場費用、内訳や料金について紹介してきました。
うちはどうなの?もっと具体的な料金を知りたいという場合は、外壁塗装、屋根塗装の地元密着型の会社に見積もりを出してもらうのが一番安心でおすすめです。
その場合は必ず現地調査が必要となってくるので、より具体的な見積もりを出すことができます。
弊社では外装塗装の場合は39万8千円~外装塗装(壁の塗装、壁の塗り替え)をすることが可能です。屋根塗装の場合は9万8千円~施工することができます。
(場合によっては双方別途足場代が発生してくる場合があります。)
そろそろ検討しなくてはと思っている方は、まずは信頼できそうな会社に何社か見積もりを依頼し、正確な料金を把握するようにしましょう。